知らなきゃ損する!?金利の種類

全期間固定金利型の場合のメリット

住宅ローンには、金利のタイプが大きく分けて三つあり、その中の一つが全期間固定金利型です。
その名の通り、借り入れ当初から返済終了まで金利が固定されるというものです。メリットはなんといっても市場金利が上昇したとしても、その影響を受けない点です。そのため、支払総額の計算がしやすいですから、毎月どれだけの生活費が残るのか、返済に回せる金額はどの程度かといったことが計算しやすいです。
また、子供が小さく出費が多いご家庭では、金利がアップすると返済額が増えるので困るといった場合、全期間固定金利型を選ぶと良いです。それから借りるところによっては、二年や五年、十年や十五年といったように、金利の固定期間を選べます。そして、その都度見直しができるものもあるのです。

それ以外の金利について

変動金利型を選ぶと、たいていは一年に二回見直されることになるため、金利の変動の影響を確実に受けます。一部の金融機関の中には、金利を見直すだけでなく、返済額も見直す場合もあります。今は金利が高くても、これから下がるだろうと予想される場合は、変動金利型がお得になることが多いです。 そして、全期間固定金利型と変動金利型の良いところを組み合わせたものがあって、ミックス金利型などと呼ばれています。 例えば変動金利型よりも金利は低くないものの、全期間固定金利型ほど高くはないといったものです。あるいは金利は一定ではないが、それほど急激に変動しないといった選び方もできます。それ以外にも、固定期間の違う全期間固定金利型を組み合わせるなどといった方法も可能です。