繰り上げ返済って知ってますか?

「期間短縮型」と「返済額軽減型」

住宅ローンの返済を軽くしたい時に考えられるのが「繰り上げ返済」です。毎月の返済額とは別に返済を行って残高を減らしていきます。繰り上げて元金を返済し減らすことで利息が減り総支払額が減額されることが繰り上げ返済の大きなメリットです。
繰り上げ返済には「期間短縮型」と「返済額軽減型」があり、目的に合わせて上手に活用していくことが大切です。
一般的な繰り上げ返済といわれるのは「期間短縮型」です。繰り上げ返済の金額にもよりますが、残りの返済期間が短くなるタイプです。住宅ローンを早く完済したい人や、総返済額を効率よく減らしたい人に向いています。
一方、「返済額軽減型」は、返済期間は短縮されませんが、毎月の返済額が軽減されます。毎月の返済額が負担に感じている人や将来収入が減ってしまう人に向いています。

繰り上げ返済は余剰金で行うことが大切

繰り上げ返済をすることで、確かに住宅ローンの総支払額は減り早期に完済します。しかし、そのために日々の生活が苦しくなると急な出費にも対応できません。繰り上げ返済をするということは、現在の手持ちの現金が減るということです。そのため、生活資金から繰り上げ返済をするのではなく、臨時収入などの余剰資金で行うことが大切です。
また、「期間短縮型」は借り換えの際に残りの返済期間が影響するため、収入が減ってきた場合などには注意が必要です。
「返済額軽減型」は、教育費などの大きな出費が予想される場合に備え長期的な目的のために利用すると良いでしょう。
目先のことだけ見れば、「期間短縮型」は効果が大きいですが、「返済額軽減型」で返済額が減った分を繰り上げ返済に組み込んでいくと、利息の軽減にはあまり差がありません。預貯金とのバランスを考えながら、どちらの繰り上げ返済を行うかをしっかり検討することが大事です。