節約上手はどう選ぶ?住宅ローンの選び方

節約重視で選ぶなら変動金利か

できるだけ住宅ローンを選ぶときに節約をしたいと考えたら金利は変動金利を選ぶべきという考え方があります。固定金利は金利変動リスクを考えて金融機関側がマージンを取っているので金利が高いのが問題点になるからです。ゼロ金利やマイナス金利となっている現代では大幅な金利の上昇が起こることはあまりないと考えられるため、初期の金利が低くなっている変動金利を選ぶべきというのが基本的な考え方になってきています。将来的に金利が高くなってしまったら繰り上げ返済をすれば良いと前向きに考えると節約するのに適しているのが変動金利です。無駄に支払わなければならない金額を増やしたくないと考えたら確かに変動金利を選ぶのが合理的な時代になっています。

金利の種類よりも重要な比較点

変動金利を選ぶと金利変動リスクを負うことになるので心配という場合もあります。そのときには固定金利の中で最も低金利のものを選ぶことが重要です。しかし、このような金利の違いに加えて重要な比較点があるので覚えておきましょう。金融機関の間では住宅ローンを受けてくれる人の獲得競争が繰り広げられています。販促を行うために金利優遇キャンペーンを実施していることがしばしばあり、固定金利の方が変動金利よりも低いという場合もあるのが現状です。このようなキャンペーンに常に注意を払って、自分が望んでいるような金利の仕組みになっている商品で金利の一時的な引き下げが行われたときにローンを組むというのが節約方法として優れています。