あなたはどうする?ローンの組み方

「借りられる金額」ではなく「返せる金額」

住宅は人生において大きな買い物のひとつです。そのために住宅ローンを組む人も多いですが「いくら借りられるか」を初めに考える人が多いものです。しかし、住宅ローンは「借りられる金額」よりも「いつまでにいくら返せるのか」が大切になります。 返せる金額を判断するポイントのひとつは定年退職までに完済できる期間で借りることです。通常であれば、住宅ローンの返済を最長の35年で組むケースが多く見受けられます。しかし60歳が定年の企業に勤めていて30歳を過ぎてから最長期間で借りると、返済が終わる前に定年を迎えてしまいます。退職後に仕事を続けるかどうかは不確定なので年金を受け取る年齢までの返済が難しくなります。そのため、定年退職を迎える前に完済できる期間でローンを組むことが大切になります。

月々の返済を無理な金額に設定しない

念願のマイホームを手に入れても、日々の生活を切り詰めるのは大変です。現在の家賃の範囲内であれば今まで通りの生活が維持できる計算になります。そのため、新居の維持費を含め住宅ローンの毎月の返済額を、今の家賃程度に抑えることがポイントになります。 一般的に、年間の住宅ローンの返済額は年収に対して25%が目安とされていますが、ライフスタイルや家族構成によって返済負担率は変動します。 返済額を少なくしたい時には、借入する額を少なくする必要がありますが、そのためには物件の価格を抑えることや頭金をできるだけ多く準備するなどの方法があります。頭金が少なくてもローンは組めますが、多ければ借入れる額が少なくて済みます。しかし、頭金を準備している間に良い物件を逃してしまったり金利が上がってしまう可能性もあります。その場合は、親からの贈与を活用したり、より金利の低いローンを検討することも視野に入れましょう。